営業支援の専用ツール

営業は情報の共有がとても大事になってきます。トラブルが起きた場合であってもすぐにそのトラブルに関する情報を共有しなければ、大きなトラブルに発展してしまうことがあるのです。ですから、情報の共有はとても重要なことになるのです。トラブルに関することだけではなく、様々な営業に関する情報を共有するためには、営業支援ツールを生かしていくと良いです。最近では営業職に就いた人がタブレット端末を利用し、専用のソフトを導入して他の営業社員の情報を入手することが出来るようになっていることもあります。連絡をした、しないということも共有しなければ、せっかくのビジネスチャンスを逃すことにもなってしまいます。だからこそ、今はタブレットを利用することが多くなっているのです。漏れは忘れるようなことがないように配慮をすることも必要です。

営業支援システムで勘による営業を行わない

なんとなくこの会社であれば販売できそうとのことで売り込みをすることがあります。うまく勘が的中して販売することができれば同じようにまた販売できそうなところを勘で探すようになります。これがうまく行かなければわかるのですがうまくいくとこういった方法で営業ができると考えてしまいます。それ以降これ以外の方法ができなくなります。営業支援システムを利用することによって勘による営業を行わないようにします。販売する会社においては一定の要求があるはずです。それを調べて販売を行うのです。機械の販売をするのであればリース期間中はいくら売り込もうとしても無理でしょう。一方でリース期間間際になれば機器の選定が必要になり同種の機械を比較することになります。売り込むチャンスになります。リース期間などを情報として持ち、それを元に営業活動を行います。

営業支援システムがあると根性の営業が消える

古くから営業をしている人の中にはとにかく営業は足で稼ぐと言っている人がいます。新規のお客さんにもとにかく通う、ルートセールスなどでも通うことによってこちらの気持ちを伝えようとするのでしょう。確かにお客さんによっては悪いとのことで何かを買ってくれる事があるかもしれませんがこういった販売方法でいいのかです。営業支援システムを利用することによって根性の営業が消えると言われます。飛び込みセールスなどは根性を鍛えるのにいいとは言われますがあまり意味がなく時間だけがすぎるものです。人によってはこれでやめてしまうこともあるので良い人材をなくすこともあります。ルートセールスなら一定期間ごとに回るようにすればいいですし、新規のお客さんには事前にアポを取ったり展示会やセミナーに来てもらうことできっかけを作ります。それらの情報を管理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です